手法について

Yuki
Yuki

誰かの力になれたら幸いです。


チャートの世界は決して甘くない。手法なんて探している時点で、この極めて難しい投機を勝つ気を放棄していることに気づきましょう。

・手法では勝てない。
・勝てたとしても再現性はない。


僕はいろいろと名前をつけているソレは手法ではなく、数字で作ったひとつの根拠です。

0.物理学について

noteにすべて書きました。

物理学で勝てている、ということではありません。すぐぶれてしまう視点や考え方の精神的支柱としての役割です。

【2万字】FX初心者の僕が勝ちトレーダーになるまでの3ヵ月間【保存版】
https://note.com/y_fractal/n/n19e48cc97f1b

1.フラクタルゾーン

作用反作用を相場の特定のゾーンで検出する数式。その数的根拠をPCチャートソフト「MT4」で特定のインジケーターを独自のパラメータで組み合わせて疑似再現したものがフラクタルゾーンです。

※再現性が極めて低いため現在は販売していません。

2.フラクタルゾーンSP

スマートフォンアプリ「MT4」及び「MT5」に搭載されているインジケーターのみでフラクタルゾーンを疑似的に観測するしたもの。

3.異世界アラート

フラクタルゾーンを元に時間の概念を取り入れれ、一つの波=作用の終わりを割り出して優位性が極めて高いゾーンに達したことをメールでお知らせするシステムです。これはシグナルツールではありません。

4.ストキャスペネトレーション

フラクタルゾーン/異世界アラートが作用に対して反作用を抽出するものに対して、ストキャスペネトレーションでは作用に対して作用継続を観測する数式。

ストキャスも入れますが、それを使った手法みたいな雑魚思考ではありません。計算と偶然でできた”スマホでしかできない”相場の観測法になります。

Yuki
Yuki

感覚で根拠は作れません。