FX攻略コラム

ポイント解説『ブレイクは1波では終わらない』

FX解説

お世話になっております。
インジケータートレーダーのYukiです!

今回は、twitterの方でご紹介した長い陰線(ナイアガラ)発生時の落ち着いた対処についてこちらの記事で補足します。

Yuki
Yuki

“逆張り”は戦略を合わせて使います

まず、深呼吸をしましょう!

深夜一時、私の通知システム『異世界でお前を待ってる』が来ました。この通知通りにエントリー=逆張りすれば焼かれて終わりの局面です。(ちなみに通知はゾーンに入ったことを知らせるものでエントリーを促すものではありません)


GOLDは特にそうなのですが、「基本的に長い陰線(ブレイク?)は1波では終わりません。」大きな落下が発生した時の心理状態だと次のように思うことはありませんか?

落ち切ったところから逆張りをしたい!



ここでこのサイトの概要ページを思い出してください。 「FXは、FXで儲けようとしている人に損になる動きをする傾向があります。

つまり、逆張りをする人の命を相場は刈り取りに来ます。

おおざっぱでOK!

こんなイメージ になるよ~♪

長い陰線=ナイアガラ発生後はこのように、一度中間地点で”フラッグ”を作り2波目に移ります。小難しいことを除いて上記図のような形を作りに行くことが極めてスタンダードです。下記画像の左側の青い丸のナイアガラも上記図のような形を作っていると思います。

そして、下記画像右側の昨夜のナイアガラが始まった個所。

1本目の長い陰線で逆張りで入った方々は焼かれたことでしょう。焼かれた逆張り人たちのエントリーによって、赤い丸のヒゲができています。

では一体「どこまで落ちるのか」。

それは通貨ごとに基本になる直近の値幅である程度計算できます。(ヒゲの有無は私の中ではケースバイケース&感覚値なので詳しく文字では語れません。)


―――――では、具体的にチャートはゴールド1時間足で観ていきます。

①まず直近のナイアガラから値幅を取り、今回の落下地点に重ねます。

②今回の落下予想ポイントの値幅の天底にFリトレースメントを当てます。

後は簡単で値幅底付近に来た時、下位足分析でタイミングを計って、F38.2に向かってエントリー&エグジット。以上です。

Yuki
Yuki

大きな陰線が出て逆張りを考えたとき、一度深呼吸して、体制を整えましょう。

👀💡

イメージ
1時間足
もう一回イメージ

日足
関連記事