インジケーター・手法

ボリンジャーバンドを使うなら「HT_BB_ZONE」

Yuki
Yuki

メインチャートってごちゃごちゃしますよね。

お世話になっております。インジケータートレーダーのYukiです!


MAを3本いれて、ネックラインやレジサポ引いて、フィボ引いて、トレンドラインを引いて、ボリンジャーバンドを入れて――――。

私も経験があるのですが、ついついメインチャートって散らかりがちですよね。

でもどれも外せないし・・・そこで、線である必要のないものといえば「ボリンジャーバンド」なんです。

だいたいの人は±2σか3σで引いていると思うのですが、その区間を線ではなく色で塗りつぶせたら、他に色々インジが入っていても少しは見やすくなると思います。(スパンモデルなど手法で±1σを重視する方にももちろん使えます)


画面を見やすくするのも手法のうち!ということで 今回は、 ボリバン使いの方にオススメの「HT_BB_ZONE」をご紹介します。

まず全部入れてみる

MA3本、水平線、フィボナッチを入れた状態にボリンジャーバンドを1~3σまでいれました。いや~ごちゃごちゃしていますね。

改めてみると、やはり3σに当たると極めて高い確率で中心からの乖離を戻す働きが見えますね。これがリアルタイムで予見できれば最強なのですが(笑)

余談ですが、諸説あるものの、私の中ではボリンジャーバンドはやはり逆張りで使うものだと思っています。バンドウォークした際のトレンド方向への順張りこそが使い道と言われる方が多いのですが、バンドウォークし出した時点で値幅の頭は取れていませんし、残された値幅もそんなに大きくないことの方が多い気がしているのです。

まぁ、なんにせよ単体では使えないと私は思っています。

閑話休題、ではボリンジャーバンドをHT_BB_ZONEに置き換えていきます。

導入してみる

ごちゃ混ぜ
HT_BB_ZONEのみ

かなり見やすくなりましたね!一目でボリンジャーバンドの状態を判断できるのでとてもおすすめですね。

あとは用途によってカラーリングや実践を変えてみると更に良いと思いますので、実際の私の使い方を参考までに例で掲載します!

Yuki
Yuki

私もこのHT_BB_ZONEは本気のトレードチャートではマストで組み込んでいます!

使用例

ごちゃ混ぜ
HT_BB_ZONEのみ

私はボリンジャーバンドはかなり補助的な用途でしかチャートに入れていないのでBB±2~3σさえ判断できればいいので、このように2~3の間に色だけを入れて実線などほかは全て消しています。また、補助的な使い方なのでZONE3の色をかなり落としています。

これでもバンドウォークかスクイーズであるかは一目瞭然、BBのどのあたりにいるのかもよくわかるので機能としては私の必要な部分は100点です。

いかがでしょうか。複合的にいろんな情報を取り入れる人も多いメインチャートではかなり重宝するのではないでしょうか。

Yuki
Yuki

たくさん線を引くと安心はしますが、結局そんなにたくさん線引いたらそりゃ、どれかでは反転しますからね!(笑) 必要なものを絞ってできるだけシンプルなチャートにしていきましょう。

ダウンロードはこちらから

http://htfx.blog.fc2.com/blog-entry-186.html

関連記事