FX攻略コラム

ポイント解説『フラクタルゾーン突入個所』

FX解説
FX解説

Yukiです。

最近は全通貨ペア制覇チャレンジを頑張っていたので予告投稿が出来ていなかった中、昨日久しぶりに綺麗なフラクタルゾーンを見つけたのでツイートしました!

Yuki
Yuki

今年も残すところ2ヵ月ちょっとですね。

GOLD(XAUUSD)


―――この位置で観測をしました。

厳密にはスマホ「MT5」で簡易的に観測できるよう再現した「フラクタルゾーンSP」で目視で観測しました。

フラクタルゾーンでは中の波を取りに行くロジックにしていますので予告時はこのような波の状態になっていました。

・大の波:↑
・中の波:↑になったばかり


つまり、結果的には押し目が出来た瞬間、ということです。

観測当時の所感としては、1時間足1本分くらいは観測が遅れたが、まだ上がる幅はあるという認識でしたので、予告ツイートをしました。


だいたいフラクタルゾーン手法でこの程度の遅延から入った場合は下記の2パターンになります。

ダウと反対方向であれば、一時間足2本くらい (前後にもよるが2円くらいの値幅) は取れるが、その後ダイバージェンスを作りに一旦逆走した後、大幅な値戻しでプラ転することが極めて多いので、取り損なった場合はここまで半日程度待つ。

・ダウと方向一致であれば、だいたい自分で利確しようとした場所がエリオット2波目であることが非常に多く、利確を考えた後、エリオット3波目で超強烈に伸びる場合がある。

前者のダイバージェンス中に逆方向にフラクタルゾーンが完成してしまった後は下位足なども鑑みて損切りするケースはあるかと思います。

Yuki
Yuki

2019.10.25現在、まだ負けなしなのであくまで仮定している損切りロジックです 。

結果

―――いかがでしょうか。

大勝利です!
…はい、想定外もありました(笑)

基本的に僕超重要なファンダ以外は気にも留めていないんですが、そこそこ重要な指標があったので、もう撤退でもいいのではとツイートをしておりました。

ぶっちゃけエントリーしていなかったのと、帰り道で遊んでいたのであんまり考えずにツイートしてました。笑

しかしながら、フラクタルゾーンのダウ一致パターンが綺麗に当てはまっています。思惑通りしっかり押し目で大の波方向へグーンと伸びましたね。

10円以上の値動きを結果的にしていたので、ロットを張っていればとんでもない利益になっていたと思います(結果論です)。ここ最近はしばらく値動きが微妙だったのもあり、パワーが予想以上に溜まっていたということですね。

ぜひ今回の箇所、当サイトでいうところの作用反作用がマジで綺麗に出ているので、いろんなインジケーターを複合的に組み合わせてこのポイントを再現してみてください。

関連記事