1時間足

最強クラス?VQを使い物にするパラメーターを考える

Yuki
Yuki

今回はかつて最強のインジゲーターのひとつと数えられていたVQを今回は掘り下げてみようと思う。

「Volatility Quality」=略してVQ。

トレンド系インジケーターです。

導入してみる

パラメーター初期値
VQ
USDJPY 1時間足表示

こちらで導入完了。
見た感じ、ラゲールにサイン機能が付いたようなインジゲーターです。

ダウを見ながら、サブチャートで相対的な高さを見て優位性を取れれば、サインに従ってわりと勝てるインジゲーターなんじゃないかと思わせてくれます。

それでは、まず属性を見ていきます。

属性の確認

チャートは、USDJPY 1時間足。

属性は以下の通り。
・メイン、サブチャート
・サイン
・反応速度:早い
・上下固定: なし
・リペイント:あり(下記参照)

僕がVQを調べていた時にどこかのサイトに「VQはリペイントしない」ってガッツリ書いてあったけど…スーパーリペイント系っすねコレ! ( ^o^)

カスタムインジゲーターにハマるとリペイントの有無ってわりと重要な気分になってしまうのだけれども、決してマイナスな要素ではないのですので。

では、今回は中の波を捉える設定を探してみます。

中の波に最適化する

まずデフォルトを再確認する。

縦線で3か所、チャートの上昇部分を絞ってみた。サインが初動をしっかり捉えてくれている。サインが表示された足の確定を待てば、初期値でもかなり信頼度を持てそう。

今回は1時間足での数本のトレンドを獲得できるようにチューニングしていきますが、上記のことから【デフォルトパラメーターをあまり崩さないように】いじってみます。

Yuki
Yuki

もともと初動を捉える力はあるので、その終わりを敏感に察知してほしいのでこのVQをめっちゃ敏感に仕上げます。では調整後ならぬ、調教後をどうぞ。

だいぶ敏感になりましたね~笑

パラメーターはLength、smoothing、filterをそれぞれ2にしています。つまり1時間2本分の推移を敏感に察知します。強いトレンド時にしっかりと機能してくれそうですね。

もちろん初期値でも使用は可能と思いますが、リペイントがっつりしてくれる属性を生かして、リペイントしまくるけど「超最速で転換を教えるで!」マンの完成です。

では、リペイント具合を見てみましょうか。

んんん!なぜか下にくっついちゃっていますが(笑)

ただしっかり確定したサインは感度良くチャートについて行っています。過去一世風靡していた理由もなんとなくわかりますね。

ここから紐解かれる結論は、勝つ材料の一つには十分使えるということです。もちろんこれだけでエントリーはできないかと思います。

手法例

サブチャート2に、上下限のあるストキャスティクス(短期)を組み合わせます。

【エントリーロジック】
条件①:ストキャス(短期)が85もしくは15に到達
条件②:条件①を満たした後、VQが逆転のサインを表示
条件③:条件②が表示された足が確定後、サイン方向にエントリー

【エグジットロジック】
条件:ストキャス(短期)の切り返しが濃厚になったとき

Yuki
Yuki

上記画像の2つ目のポイント、ストキャスが底をたたいてからのエントリーなので僕ならたぶんロットを張るようなエントリーはしませんけどね。笑


しっかり下位足での分析を組み合わせることで1時間足数本は狙える手法になるんじゃないでしょうか。一日数回のエントリーで、かつ短期的な売買をしたい方におすすめの使い方だはできますね。

ボリンジャーバンドやネックラインを併用すれば信頼度もグーンと上ります。
エグジットに関しては上記の手法だとガバガバなのでトレール注文でもいいと思います!

 

ダウンロートはこちら。
https://technical-indicators.com/indicators/VQ.zip

関連記事